Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

talk! talk! talk! 女優、歌手・ソニンさん


バックナンバー
女優、歌手・ソニンさん

女優、歌手

ソニンさん

歌手としての知名度はもちろん、最近ではドラマや舞台に出演し強い存在感で女優としても注目されているソニンさん。2006年には韓国で歌手デビューを果たし、さらに活躍の場を広げている。写真を始めたのは友人からの影響だという彼女。今ではいろいろな被写体に果敢に挑戦しているという。そんなソニンさんの写真ライフを、楽しいエピソードとともにたっぷりと語っていただいた。

プロフィール

そにん。1983年、高知県生まれ。2000年にEE JUMPとして歌手デビュー。5枚のマキシシングルリリースを経て2002年に解散。同年にソロデビューし、その後は歌手活動の他に女優としても活躍。また、自身のブログやメールマガジンで配信されるコラムでは、活字で表現される彼女の言葉が人気を集めている。
主なCDに「カレーライスの女」「合コン後のファミレスにて」「ほんとはね。」「華」「あすなろ銀河」など。
主なドラマ・映画に「高校教師」(TBS系)「元カレ」(TBS系)「東京湾景」(フジテレビ系)「いちばん暗いのは夜明け前」(テレビ東京)「空中庭園」(豊田利晃監督)「バックダンサーズ!」(永山耕三監督)など。
主な舞台・ミュージカルに「8人の女たち」(江守徹演出)「スウィーニー・トッド」(宮本亜門演出)「血の婚礼」(白井晃演出)など。2008年1月より、東京・日生劇場で公演予定のミュージカル「ペテン師と詐欺師」(宮田慶子演出)に出演が決まっている。

Beginning 出会い

写真は自分を表せるもの そう気づかせてくれた友人の写真

写真を始めたきっかけを教えて下さい。

本格的に始めたのは4年半前くらいで、きっかけは宮崎あおいちゃんでした。それまで、コンパクトカメラは持っていましたが、写真といえば撮られる側でしたし、自分が写真を撮ることに特に興味があったわけではなかったんです。でもあおいちゃんと友達になって、一眼レフカメラで写真を撮っているという話を聞いたんです。写真を見せてもらったら彼女自身の視点で切り取られている世界観をすごく感じることができて、とても素敵だなと思いました。同時に、私が撮ったらまったく別のものができるんだろうなと想像が膨らんで、自分でも撮ってみたい! と思うようになったんです。

自分自身がどんな写真を撮るのかに興味がわいたのですね。

はい。写真はコップひとつ撮るにしても、フレームにどこまで入れよう、どのくらいの距離から撮ろうなど、撮影する人によって全然違うものになりますよね。ようするに、自分の作品を作り出せるツールなんだということに気がついたんです。もともと何かを作るのが好きだったこともあり、写真を始めようと思いました。それでフィルムの一眼レフカメラを買ったんです。
撮り始めた頃、あおいちゃんとは手紙のやり取りをしていたんですが、お互いのお気に入りの写真を1~2枚同封して送り合ったり、返事を書く際には写真に対してのコメントを添えたりして楽しんでいました。

カメラの操作はどうやって覚えたのですか?

一眼レフカメラといってもオート機能を使っていたので、初めから苦労することなく撮れていました。特に誰かから教わったわけではないので、詳しい事はわからないですし、技術ももちろんないんです。でも、自分なりに研究しましたね。たとえば絞りを開放にしたり絞り込んだりと極端に調節して撮ったり、シャッタースピードをわざと遅くしてみたり……自分で撮影し、仕上がりを確認しながら覚えていきました。

仕事で写真を撮られる機会も多いと思いますが、ご自身で写真を撮るようになってから、撮られる側として意識が変わったと感じることはありましたか?

変わらないですね。撮られる側は撮られるのを待つだけです。シャッターを押す人が写真を撮る上では全ての決定権を持っているので、おまかせして身をゆだねるだけですね。でも自分が写真を始めたことで、今撮られている写真がどんな風に仕上がるのか、という想像力はついたように思います。ライトや太陽の位置で今自分にどんなふうに光が当たっていて、どんな構図になっているのか、私はどういうポーズをとった方が良い絵になるのかなどということを考えられるようになりました。