Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

talk! talk! talk! プロサーファー、俳優・中村竜さん


バックナンバー
プロサーファー、俳優・中村竜さん

プロサーファー、俳優

中村竜さん

俳優、そしてプロサーファーとして活躍をする中村竜さん。生まれ育った鎌倉でサーフィンに出会い、現在も鎌倉を拠点に世界中を旅している。写真を撮り始めたのは10年ほど前。サーフィンを通して自然の美しさや偉大さに触れ、その姿を写真に収めて家族や友人に見せたいと思いカメラを手にするようになったのだとか。今回は中村さんの地元、鎌倉の海を背にしながら、写真の魅力をたっぷりと語っていただいた。

プロフィール

なかむら・りゅう。1976年、神奈川県鎌倉市生まれ。中学1年生の頃から地元、鎌倉でサーフィンを始め、ジュニア部門などで活躍する。1993年にCM「キリンレモンセレクト」に出演、それをきっかけに1994年にドラマ「アリよさらば」で俳優デビュー。以降、「白線流し」「ボーイハント」などに出演。
一方、サーフィンでは1999年NSA全日本選手権5位、JPSAアマチュア3位になり、2000年にはプロテストに合格、翌年から鎌倉を拠点にプロサーファーとして活躍。日本をはじめハワイ、タヒチ、モントーク、ニュージャージ、インドネシア、ヨーロッパなど世界各国に渡ってフォトグラファーとともにサーフトリップを続ける。昨年1月に結婚し、春にはお子さんも誕生予定とプライベートとともに充実の日々を送る。
写真を始めてからは自身も旅先でカメラを持つようになり、2006年5月には世界各地で撮影された写真展「entrance」を開催。同年11月には東京で、2007年1月には京都で写真展を開催し好評を得ている。中村竜公式サイト(http://www.nakamuraryu.com/イメージ:ポップアップウィンドウ)。

Beginning 出会い

世界中を旅しながら出会ったカメラ ニコノスV

写真を撮り始めたのはいつ頃からですか?

10年くらい前だと思います。もともとずっと写真には興味があったんです。俳優をしているときもプロサーファーになってからも写真を撮られる機会が多くて、特にプロサーファーになってからはフォトグラファーと一緒に世界中を旅するんです。いつもカメラは身近にあったのでよく触らせてもらっていたし、フォトグラファーが撮影したものが作品になって雑誌に載るのをいつも目の前で見ていたので、自然と自分でも撮るようになっていたんです。

フォトグラファーがサーファーと一緒に世界中を回るんですか?

ええ、サーフィンの写真を撮るフォトグラファーです。カメラを持って泳いでいったり、ボディボードでサーフィンのポイントまで近付いてカシャカシャ撮るんですよ。さっき取材前にそこで挨拶していた人、フォトグラファーの横山泰介さんなんですけど、彼ともよく一緒に旅をしたりして。

そうだったんですか。偶然いらっしゃったんですか?

泰介さんもこのあたり(取材場所の鎌倉あたり)の人で、さっきたまたま通りかかって。カメラもね、これと同じの使ってるんですよ。使うならこのカメラがいいぞって勧められて、周囲のいろんな人からも勧められて買ったんです。カメラの構造がすごくシンプルなので絞りなんかの勉強がしやすいし、なにより壊れないのがいい。水をバシャバシャかけて洗えるし。それに見た目もかっこいいですよね。色は他にもオレンジがあったんですけど、僕はこっちの方が好きで買った当時からずっと使っています。この質感は他のカメラにはないですよ。手にフィットするし。

ニコノスVのモスグリーンですね。

はい。撮り方については周りの人に聞いたりもしましたが、あとはとにかく片っ端から撮りまくってましたね。動物と海が好きだったのでそういうものを撮ったり、旅に行くときは旅先での出来事を撮ったり。家族や友だちにこういう旅だったんだよって写真を見せたりするのが好きだったので、自分が興味を持ったもの、美しいなって思った瞬間、それを撮っては人に見せるっていうことを繰り返していました。
何か目的を持って撮るのではなく、いつもカメラを持ち歩いていて「あ、いいな」って思ったものを撮ります。美しいって思ったものかもしれないし、動物だったらかわいいって思ったものかもしれないし。それは今も変わらないんですよ。自分が心動かされたものを撮っています。

もちろん水中でも写真を撮られているんですよね?

もちろん撮りますよ。サーフィンの写真を撮るときはボディボードでポイントまで行って撮る場合もあるんですが、ハウジングかついで身体ひとつで泳いで行って撮ることが多いですね。そうすると自由に動けるから撮りやすいんです。すごく近くまで寄って撮るんですよ。ぶつからないように、でもぶつかっちゃうときもあるくらい。
あ、この写真は水中で撮ったものですよ。波の裏から撮影したものなんですよ。

今回持ってきていただいた写真ですね。

波が上を通り過ぎていくのを、水中の中から泳いで撮ってるんです。水中から陸が見えているんです。水の中から見る世界、綺麗ですよね。このアングルから友だちが波に乗っている姿を撮ったりもするんですよ。そのシルエットが凄くワイルドで、そういうカットを撮影したりもします。