Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

talk! talk! talk! NPO法人クローバーリーフ理事・酒井貴子さん


バックナンバー
NPO法人クローバーリーフ理事・酒井貴子さん

NPO法人クローバーリーフ理事

酒井貴子さん

「写真を使って人を癒したり元気にしたり、人間の生きる力を育むことができないだろうか」。NPO法人クローバーリーフ理事の酒井貴子さんは、写真を撮って楽しむことで元気になり癒されたという経験をもとに、現在、難病の子どもたちに写真を撮る喜びを伝えるワークショップを行うなど、「写真を使って人を元気にする活動」をしている。今回は酒井さんの活動をうかがいながら、元気や癒しを与えるツールとしての写真について、これまでとは違った新たな写真の力を発見してみたいと思う。

プロフィール

さかい・よしこ。1958年、横浜市生まれ。長女の妊娠・出産をきっかけに英検1級を取得、アメリカ留学経験をも活かして2人の子供を育てながら英語講師や翻訳の仕事に従事する。外資系企業勤務を経て、2000年より米系投資銀行の人事部管理職として勤務するかたわら、カウンセラー養成講座に通って心理学やカウンセリングの技法を学ぶ。その後、精神的、肉体的に辛い時期を過ごしたことで、写真の「癒しの力」を実感するきっかけを得る。そして写真を本格的に勉強するため、風景写真のプロに写真技術の指導を受ける。
2004年9月、特定非営利活動法人クローバーリーフを立ち上げ、写真事業を担当する。「写真には人を癒したり元気にしたりする力がある」として、写真の新たなる可能性の追求と写真文化の創造を目指して現在活動中。主な活動実績は、長野県立こども病院院内学級、城南養護学校訪問学級、フリースクール東京シューレなどにおける「デジカメを使ったワークショップ」、NTT東日本関東病院緩和ケア病棟における出張写真サービス、静岡赤十字病院での癒しの写真展、国立成育医療センター集中治療室への写真集の寄贈、「家族で楽しむフォトハイク」やスクラップブッキング教室の実施など。

写真がどん底の時期を支えてくれた この活動は写真への恩返し

クローバーリーフではどのような活動を行っているのでしょうか?

2004年の9月に設立認可を受けたNPO法人なんですが、子どもたちが元気に健康で輝けるようにお手伝いをしたいということで活動を始めました。そのための事業として、私たちは食育事業、自然体験事業、写真事業という3本を軸にしています。食べることの大切さ、自然の中で体を動かすことの大切さ、そして創造的な活動を通して元気になってもらいたいという思いで、仲間とNPO法人クローバーリーフを立ち上げました。

酒井さんはそのうち、写真事業を担当されていらっしゃるんですね。

はい。写真というと通常、趣味として楽しむものだったり、または記録メディアとして使われているものだったりしますが、私の活動では少し違った形で写真を使っています。
私は、写真には人を元気にしたり癒したり、人間を成長させる力があると思っているんです。その力を医療や福祉、教育などの現場で活かしたいと思い活動を始めました。今は子どもを中心に高齢者やチャレンジド(病気や障害を持っている人)の方々にも写真を楽しんでもらうという活動を行っています。写真を撮るだけでなく、撮った写真を切ったり貼ったりしてスクラップブックを作るなどしてさらに写真を楽しんでもらっているんです。

元気を出すため、人を癒すためのツールとして写真を利用されているのですね。まず、写真を使ってこのような事業を始めようと思ったきっかけを教えていただけますか?

きっかけというと、まず私と写真の出会いからお話したいと思います。写真を好きになったのは、子どもが生まれてから、子どもの写真をたくさん撮り始めた頃です。当時主人が海外赴任をしていたこともあって、撮った写真をアルバムにして送ったり、家族で海外に会いに行ったときにたくさんの家族写真を撮ったりして、写真って本当に楽しいものだと思っていました。
その後、子どもが大きくなるにつれてだんだんと写真を撮らせてくれなくなっていったんですが(笑)、2000年に受けた健康診断で異常が発見されまして、それが肺がんの前がん症状に似ているということで、しばらくの間、自分の命と向き合う辛い時期を過ごしました。あれこれ思い悩んで気持ちが暗くなると、さらに悪い事がどんどん重なっていくんですよね。仕事はうまくいかない、家族にも問題が出てきてしまう、さらに体調も悪くなっていく。その頃は本当にどん底でした。そんなときにある友人から「何か楽しいことを始めなさい、楽しいことは体にいいから」と言われたんです。特に創造的なこと、自分がアーティストになるようなことをすればいいと助言をくれました。

それで再び写真を撮り始めたのですか?

ええ、最初は昔少し習っていた絵をまた始めようと思って画材を用意したのですが、描き上げるのに果てしなく時間がかかりそうだったし、技術的なものを追っていってそこに縛られてしまいそうな気がしてあきらめました。そして再会したのが写真でした。あるときたった一人で紅葉を見に軽井沢に出かけたのですが、何気なく家のたんすの引き出しで眠っていた主人の一眼レフカメラを持ち出して旅行先で写真を何枚か撮りました。その写真には自分が感動した紅葉の美しさがしっかり写っていて、とても嬉しかったことを今でも覚えています。写真を見ているとまたその場にいるような臨場感というか、その時の感動を再体験できましたから。それ以来写真の面白さに夢中になり、カメラを持っては外に出て人や風景を撮り、本格的に風景写真の勉強も始めたんです。
そうこうしているうちに、自分の中で徐々に変化が現れてきまして、あんなに暗かった自分の気持ちがいつの間にか写真によって癒され元気になっていったんです。体のほうは今でも経過観察になっていますが、今こうして元気に毎日を送っていられるのは本当に写真のおかげだと思っているんです。

酒井さん自身、写真から元気をもらい、癒しを受けたんですね。

元気になるまでには長い時間がかかりましたが、写真が人生で1番どん底だった時期の杖になっていた、光になっていたんだと思います。私がこれだけ写真に助けられて元気になったんだから、恩返しというとおかしいんですけど、写真で何か社会のためになることをしたい、そして自分の好きな写真を仕事にしたいと思ったのがこの事業を始めたきっかけなんです。

難病を抱えた子どもたちに とにかく写真を楽しんでもらいたい!

長野県立こども病院院内学級ワークショップの様子
長野県立こども病院院内学級ワークショップの様子
院内学級のワークショップで子どもたちが撮影した写真のうちの1枚。先生の瞳と、その瞳に写る自分の姿を写している
院内学級のワークショップで子どもたちが撮影した
写真のうちの1枚。先生の瞳と、その瞳に写る
自分の姿を写している
枝にとまったトンボをしっかりととらえ、背景の病院が遠近間を出している
枝にとまったトンボをしっかりととらえ、
背景の病院が遠近間を出している

その後、クローバーリーフを立ち上げられたのですね。

はい。そう決めてから思い切って当時勤めていた会社を辞めて実現のために働きかけていたところ、ご縁があって、長野県立こども病院の集中治療担当の先生とお会いする機会に恵まれました。写真にはこんな力があって私はこういうことがしたい、私に何かお手伝いできることはないでしょうか、という思いを告げたところ「うちの院内学級を紹介しましょう」と言ってくださったんです。

院内学級というのはどういったところなのですか?

病院に長期入院している子どもたちが勉強をするために院内に設置された小、中学校のことです。毎日辛い治療を受けている子どもたちにとって、とても楽しみにしている場所なんです。以前「電池が切れるまで」という長野県立こども病院の院内学級で書かれた詩や画をまとめた本が出版され、ドラマ化もされたのでご存じの方も多いと思います。

院内学級で酒井さんは、具体的にどのような活動をされたんですか?

「デジタルカメラを使ったワークショップ(注1)」というものを行いました。2004年9月から2005年2月までは毎月1回、それ以降は年に数回、今でも定期的に行っているんですよ。まず子供たちにデジタルカメラを1台ずつ渡して病院内を自由に撮ってもらいます。テーマはあまり与えず、感じるままに好きに撮ってもらって、それをすぐにプリントアウトして切ったり貼ったりして、メッセージカードを作ったりスクラップブッキング(注2)をしたりします。
私も写真を撮ったあと、それをさらに絵葉書にしたりカレンダーにしたり、いろいろ加工したことがすごく楽しかった思い出があって、特に子どもですから、撮るだけじゃなくて工作することが楽しいんじゃないかとそのようなプログラムを考えました。そして私のワークショップで一番大切にしていることはいかに写真を楽しんでもらうか、ということ。それが元気や癒しにつながるからです。

病気、とくに難病を抱えた子どもたちを前にそういったワークショップを行うことに不安はありませんでしたか?

私もこれまでに怪我や病気で何度か入院した経験がありましたから、どれだけ入院生活が大変かは知っていました。でも遊び盛りの小さな子どものことですからね、その大変さがどれほどのものなのか、院内学級に通う子どもたちが実際にどういう状態なのかをこの目で見て知るまではやはり不安はありました。
でもあるとき、打ち合わせで院内学級に行ったんですが、車椅子に乗った子や点滴台を引いている子が「先生、ピンポンやろうよ!」って教室の中で卓球台を広げて先生と卓球を始めたんです。子どもたちが楽しそうに笑ったり大きな声を上げて騒いでいるのを見たときに、胸の中にあった何かがストンと落ちた気がしました。ここでは難しい病気を抱えた子が多いけれど、私は子どもたちを病人として見るのではなく1人の人間として接するようにしよう、もちろん治療に差し障らないように体の面で注意しなくてはならないことはあるだろうけれど、なるべく普段通りの感覚で、かえって外の風を入れるような気持ちでいよう、と思ったんです。

NPO法人クローバーリーフ理事・酒井貴子さん

院内学級の子どもたちは本当に楽しそうに遊んでいたんですね。

そうなんです。むしろ、健康な子どもよりももっと明るいんじゃないかと思ったくらいです。それを見ていたら、こちらも構えることなく普通でいいんだなって。ほんとうに朗らかで明るい子どもたちなんです。

  • (注1)ワークショップ==専門家の助言を得ながら、参加者が自主的に意見交換をしたり、作業したりしながら進めていく体験型の学習、創造の場。
  • (注2)スクラップブッキング=1980年代にアメリカで誕生したアルバムづくりのこと。台紙に写真を貼り、周りにはイラストやタイトルを添え様々な装飾をする。自分史や家族の歩みを記す新しい方法として、日本でも徐々に定着しつつある。