Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

talk! talk! talk! 漫画家・中川いさみさん


バックナンバー
漫画家・中川いさみさん

漫画家

中川いさみさん

「クマのプー太郎」の大ヒットにより漫画家・中川いさみさんの世界を知った人も多いのではないだろうか。ほのぼのとした世界観とその中に現れる摩訶不思議なキャラクター。そして彼らが放つ特有のギャグに魅了され続けているファンも多い。
今回は学生の頃から始めたという写真の話からギャグ漫画の"笑い"についてまで、中川さんならではの視点でたっぷりと語っていただいた。

プロフィール

なかがわ・いさみ。1962年、神奈川県生まれ。学生時代から漫画を描き始める。
1990年に、ビックコミックスピリッツ(小学館)に連載を開始したギャグマンガ「クマのプー太郎」が大ヒットする。特異なキャラクターが織りなす無類のギャグと摩訶不思議な世界観で数多くのファンを魅了する。
これまでの代表作に「大人袋」「カラブキ」(角川書店)「ポジャリカ」(小学館)「学級王子」(ポプラ社)など。その他、挿し絵などのイラストを始め、「ぼくはゆっくり楽しみたい。」(角川書店)などの絵本も上梓している。2004年1月に、絵本から生まれたキャラクターをコミック化した「ポグリ」(角川書店)を発売している。

カメラへの興味は暗室から「写真を撮るのはついでみたいな感じでした」

漫画家  中川いさみさん

写真を始めたのはいつ頃からですか?

本格的にカメラを買って撮り始めたのは、高校生のときに写真部に入ってからですね。

部活動というと、全員で撮影会に行ったりされていたんですか?

いや、そういう部活のノリはまったくなかったですよ。部活動といってもいいかげんなものでしたから、集まったりはしなかったですね。部活動に入っていると暗室が自由に使えるんですよね。それが目的でした。

暗室の機材や用品がタダで使えるという。

そうです。もともと兄がカメラ好きで、家の押し入れや風呂場を閉め切って焼いていたんです。その影響でカメラを始めたんですが、もともと撮る方に興味はなくて、暗室で印画紙を薬品につけてゆらしてっていう、あの作業が面白そうだなというのがあったんです。
だから高校生のときも、撮る方はついでみたいな感じでしたね。暗室を使うためには、何か撮らないとなぁと。

撮影することはあまり重要ではなかったんですね。

そうです。暗室作業がやりたいがために、何か撮っておいたほうがいいよなって思って撮影しに行っていました。
友達が鉄道好きだったので一緒についていって撮ったり、あとイベントごとだったり……横浜に住んでいたんですが、クイーンエリザベス2世号が港に来たときに撮りに行きましたね。

それからずっと写真を撮り続けてこられたんですか?

いや、そのあとしばらくの間、写真を撮るのをやめたんです。何か嫌だなと思ってしまって。写真を撮るのが偉そうというか、恥ずかしいというか……。

真上からの撮影が、デザイン的な印象を与えている。
真上からの撮影が、デザイン的な印象を与えている。

恥ずかしい?

うーん、何でしょうかね?結局、撮りたいものが見つからなかったんです。写真を撮ることに限界を感じたんでしょうね。
鉄道を撮っていたけど、別に鉄道好きではなかったですし、人を撮るっていうのも、知り合いだったらいいけど、知らない人に声かけて撮るっていうのもちょっと違うなと思ったし、何を撮っていいのかよく分からなかったんですよ。だからよけいに、写真を撮ることや、"どうですか?良い写真でしょ"って見せる感じが大仰なことに感じて、恥ずかしく思えたのかもしれないですね。

風景よりも色や形 ものをクローズアップして撮影

現在はよく写真を撮っていらっしゃるそうですね。

ええ、そうですね。漫画家仲間で写真好きが集まって、写真の会を作ったんですよ。他にも相原コージ、吉田戦車、山本直樹とか、メンバーが凄いですよね。せっかくだから撮った写真を本にしようって思って、定期的に集まってテーマを決めて撮影会をしたりしていたんです。結局、本は企画倒れになってしまったんですけどね。

どういったテーマで撮影されていたんですか?

テーマというか、撮影する町を決めるんです。川越とか、王子とか、ちょっと味のある雰囲気の町を選んで。その町に集まって、集合時間を決めて各自撮影して、また集まる。今は1時間ぐらいでプリントできるじゃないですか。みんなでお茶でもしながら上がりを待って、出来た写真を見せ合うんです。同じ町でもみんな撮るものが全然違うから面白かったですよ。
たとえば、相原コージは凄く正統派で、写真雑誌に投稿されているような写真といいますか、風景や町並みを撮っているんですが、僕は逆で、凄くひねくれた感じですね。

ひねくれた感じというのは?

色とか形が気になってしまうんですよね。風景を撮るよりも、ひとつのものをクローズアップしたり、一部分を切り取って写しています。わりとデザイン的というかね。その一枚だけ見ても、どこを撮ったとか何を撮ったとかはよくわからない、そういう写真を撮るのが好きなんです。
あとは、こういった、おかしな奴を撮ってみたり。

これは……公園のオブジェでしょうか(笑)。かわいいものとして作られているはずなのに、写真で見せられるとちょっと無気味でおかしな感じがしますね。

変ですよね。あとはこの、もの凄くアバウトにタコが分解されている様もおかしいですよね。微妙に値段が違うんですよ(笑)。タクシーが並んでいる写真も、機械的でいいなと思って撮ったんですけど、よく見たら標示が「3列」ではなくて、「ヨタリ」と読めます。

(笑)。こういった、いわゆる"おかしいと感じるもの"も意図的に撮っていらっしゃるのですか?

そうですね、人に写真を見せて笑わせようというのはあるので。写真を見せられて、この構図がどうで露出がどうでと言われても、つかれちゃうんですよ。それよりは、見ていて面白いという方がいいじゃないですか。
でも、別に笑わせられるものばかりを探して撮っているわけではないですよ。見つけたら撮るぐらいなもので。そればかり狙ってもあまり面白くないですからね。

「変な奴」公園や道端で見つけた変な奴ら。
「変な奴」公園や道端で見つけた変な奴ら。
「変な奴」公園や道端で見つけた変な奴ら。
「変な奴」公園や道端で見つけた変な奴ら。
市場で遭遇した解体後の巨大タコ。
市場で遭遇した解体後の巨大タコ。
以前渋谷にあったというタクシー乗り場。
以前渋谷にあったというタクシー乗り場。

持っていてうれしいカメラ お気に入りの「ニコン28Ti」

上部についているのがアナログの表示。左手の人指しゆびあたりについているのがスライド式のスピードライト切り替えボタンだ。
上部についているのがアナログの表示。
左手の人指しゆびあたりについているのが
スライド式のスピードライト切り替えボタンだ。

写真の会以外に、個人で撮影に行くことはあるのですか?

写真の会は本が企画倒れになったあたりから、あまり活動しなくなっちゃったんですよ。だから撮影に行くことはないですね。今は旅行とか、どこか出かけるときに持って行って撮ったり、あと小さなデジカメをいつもポケットに入れています。このコンパクトカメラ(ニコン28Ti)でもよく撮っていますよ。これ、いいですよ。

1994年に発売された高級コンパクトカメラですね。

35mmレンズの35Tiが先に発売されていて、いいなぁと思って28Tiが出たときに買ったんです。小さいし、設定ボタンが使いやすいんですよ。今のコンパクトカメラだと、ひとつのダイヤルで切り替えができたりしますが、これは全部バラバラについているんですよ。特に、スピードライトのオン、オフを切り替えるボタンがスライド式になっていて、横についているのが凄く使いやすいですね。

表示がデジタルではなくアナログなんですよね。

そう、ここが一番格好良いと思って買ったんです。表示をアナログにする必要はあったのかって感じですけど(笑)、メカっぽいし、あえてアナログっていうのがなかなかシャレてますよね。
僕、コンパクトカメラの望遠レンズがあまり好きではないんですよ。ギュイーンってレンズが伸びるのが嫌で。これは単体で出てくるだけだから、それも好きなんです。全体の形も四角っぽくて、余計なでっぱりがないのもいい。見た目も好きなので、持っていてうれしい、という感じのカメラですね。