Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

talk! talk! talk! 俳優・宍戸 開さん


バックナンバー
俳優・宍戸 開さん

俳優
宍戸 開さん

カメラ好きで知られる宍戸開さん。現在まで2冊の写真集を出版するなど、その活動は「好き」に留まらない。俳優としてはもちろん、写真家「五影開」として精力的に活動中の宍戸さん。今回は初回特別ロングインタビューを、2回に分けてお届けします。愛用カメラやエジプト撮影旅行、アマゾンのロケでのお話など、vol.1は話題盛り沢山です。

プロフィール

1966年、東京都生まれ。玉川大学在学中にNHK大河ドラマ「武田信玄」で俳優としてデビュー。映画デビュー作「マイフェニックス」で第13回日本アカデミー賞新人賞を受賞。以後、映画、テレビドラマ、ドキュメンタリー、CMなどで幅広く活躍。最新出演作は映画「青空にシュート!」(2001年9月公開予定)。
無類のカメラ好きとして知られ、現在まで2冊の写真集「もっと高く、もっと遠くへ 宍戸開の世界 Nepal1997」(近代映画社)、「マフィーシ ムシュケラ」(ドリームワークス出版株式会社)を出版。「JR時刻表」(弘済出版社)、「ニッコールクラブ」(ニコン)でフォトエッセイを発表。

番組収録には必ずカメラ持参。「チャンスは最大限に活かして撮ります」

ドキュメンタリーなどのテレビ番組に出演するとき、僕はいつも自分のカメラを持っていって、収録の間も写真撮影をしているんです。出演依頼の時点からその希望を伝えてあって、契約書でその許可をもらってるんですよ。多分、こういう条件を付けているのは僕がはじめてじゃないでしょうか。
 テレビカメラマンには、スチールカメラが画面の中に映ることを好まない方が多かったので、最初のうちはちょっと嫌がられていましたね。でも最近は、これだけカメラが日常のものになっちゃってるから、あまりうるさく言う人も少なくなりましたね。唯一困るのは、民放番組でスポンサーがある場合です。僕はニコンをメインに使っているから、他のカメラメーカーがスポンサーだと問題なんですよね(笑)。その場合はそのメーカーの小さなコンパクトカメラを借りて使うようにしています。それで画面に映らないところで、コソコソとF4とかを使ってるんです。

なぜカメラを持ってテレビに出られるんですか?

僕は僕なりのやり方で、ブラウン管の向こうにある人間味を視聴者の方に感じてもらいたいんです。たとえば、僕が以前出演していた「くいしん坊!万才」でも、見ている方からすれば「おいしいおいしいって食べているけど、実のところどうなの?」という感想を抱かれますよね。
 それで、写真を通じて、もっと生の姿を見てもらいたいと思っていました。写真は嘘を付けないですからね。番組収録の合間に撮った写真は、番組内で紹介したり、「ニッコールクラブ」にも掲載してもらいました。
 テレビ画像はカラーだから、それと変化をつけるためにも、「くいしん坊!万才」での人物はモノクロで撮っていました。収録の待ち時間に一般の出演者の方をちょこちょこと撮っていたんですが、その方にとっては、テレビに映るというのは一大イベントですよね。だから僕も記念写真を撮るような感じで、必要ないのに三脚立てたりして撮ることもありました(笑)。
 出演者の方ひとりにつき1枚、多くても2、3枚しか撮らないんですが、キャビネサイズで焼いて送ってあげるとすごく喜ばれましたね。モノクロできちんと焼き込んであると、ふつうのスナップよりずっと味が出ますから。
 自分ひとりじゃ行けないような秘境にも仕事で行くことがあるので、撮影のチャンスは最大限に活かさないともったいないですよね。

標準装備はF100×2台+D1。作品創りにフィルム、おさえにデジタルが定番!

カメラバッグ
宍戸さんのカメラバッグ。ロケ中
は通常でも3台のカメラを
持ち歩く。

どんなカメラをいつも持っていかれるんですか?

今は、F100をローテーションで2台使うのが通常です。それとデジタルのD1ですね。その3台をカメラバッグに入れて、あとはフィルムバッグを持ちます。

フィルムとデジタルはどのように使い分けていらっしゃるんですか?

メインはフィルムです。被写体の質感を活かしたり何かを表現するといった点では、やはり僕はフィルムが好きなんです。デジタルは、僕の場合はあくまでフィルムで撮った写真のおさえとして使っています。以前はコンパクトカメラを使っていたんですが、デジタルだと撮った写真がその場で確認できるでしょう。それが便利ですよね。でも、確認するための写真なのに、35ミリの写真のくせで、なかなかデータが捨てられないんですよ(笑)。

D1はいつから使っていらっしゃるんですか?

予約して発売と同時に買って、それからずっと使っています。手に入らないんじゃないかってウワサもあったし(笑)。

使い心地はいかがですか?

あんまりデジタルって意識することはないですよ。使ってて、あれ? これデジタル? って感じですね。まあ、画角が違うからすぐに分かるけど……。

フィルムもニコンをメインで使っていらっしゃるんですよね。

もうずっとニコンを使っているので、カメラといえばニコンが当然になっちゃっていますね。カメラは15、6台持っていますが、ニコン以外にはコンタックスを1台と、中判ではマミヤを持っているくらいですね。ニコンはレンズの魅力も大きいですよ。ニッコールの85ミリのF1.4なんて、カール・ツァイスかと思うようなまろやかさがありますもんね。

Photo
笑顔に警戒心がみじんもない、愛らしい少女。宍戸さん撮影。
Photo
子どもたち。宍戸さんの撮る人物は、いつも自然体なのが印象的。