Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

国立天文台 三鷹・三鷹市星と森と絵本の家

国立天文台 三鷹・三鷹市星と森と絵本の家


周辺マップ

井の頭公園や玉川上水など自然を感じられる環境が身近にあり、都市の便利さと緑豊かな自然を兼ね備えた三鷹市。武者小路実篤や山本有三、太宰治など数多くの文人が在住したことでも知られ、山本有三記念館や三鷹の森ジブリ美術館、太宰治文学サロンなどの文化施設も充実しています。
三鷹市内にある駅はJR中央線の「三鷹駅」、京王井の頭線の「井の頭公園駅」「三鷹台駅」がありますが、隣接した小金井市にある「武蔵境駅」や武蔵野市にある「吉祥寺駅」からのアクセスも便利です。鉄道の駅は市の北部に集中しているため、市内の移動は便のいいバスがおすすめ。南西部の観光エリアである野川公園や国立天文台にもバスでの移動が便利ですよ。

拡大 拡大 拡大 拡大 拡大 拡大 拡大


公園案内

国立天文台 三鷹・
三鷹市星と森と絵本の家基本情報

国立天文台 三鷹

■場所:三鷹市大沢2-21-1

■アクセス:JR中央線・西武多摩川線「武蔵境駅」より小田急バス3番のりばより「天文台前」下車後すぐ

京王線「調布駅」より北口11/12番のりばより「天文台前」下車後すぐ

■見学時間:10:00~17:00(入場は16:30まで)

■見学日時:年末年始を除く10:00~17:00(入場は16:30まで)

■入場料:無料

■TEL:0422-34-3600

■駐車場:あり(有料)

■設備:展示室、休憩室、食堂・売店(平日のみ)、ベンチ、トイレ

三鷹市星と森と絵本の家

■場所:三鷹市大沢2-21-3(国立天文台三鷹キャンパス内)

■開館時間:10:00~17:00

■休館日:火曜日、年末年始(12月28日~1月4日)、その他メンテナンス休館あり

■TEL:0422-39-3401

■入場料:無料

■設備:回廊ギャラリー、絵本展示室、おもちゃ室、授乳室、ベンチ、トイレ

  • 撮影協力:三鷹市、三鷹市星と森と絵本の家、
    三鷹フィルムコミッション

世界最先端の観測施設を備えた日本の天文学のナショナルセンター、国立天文台。国立天文台の前身である東京天文台が麻布飯倉から三鷹へと移転してきたのが大正3~13年のこと。ここ三鷹キャンパスには移転当時の大正時代の建物が今も多数残り、ノスタルジックな雰囲気を醸し出しています。
国立天文台は研究機関であるため、見学者は見学コース以外の研究棟や観測施設への立ち入りは禁止。敷地内では、受付するともらえる見学者用のワッペンを貼って移動しましょう。蚊・ハチ・毒ヘビ等に注意し、草むらの中に立ち入らないようにしましょう。
敷地内はとても広く、見学コース内だけでも全て見て回るといい運動になりますが、歴史ある建物や宇宙に関する展示物は一見の価値ありのものばかり。売店や食堂、休憩所でひと休みしながら、すみずみまで立寄ってみましょう。

今日もたくさん撮るぞ! 拡大 1.正門から入ろう 見学には守衛所で受付が必要 見学できる場所は決まっているよ シールをもらえるよ 2.受付したら左へ 研究機関って感じだね あ!あのドームは?! 3.第一赤道儀室。敷地内で現存する最古の建物 望遠鏡を撮影したよ 中も見学できる 4.太陽系ウォーキングだって 拡大 地球があった 5.その先に行くと天文台歴史館 拡大 (COOLPIX P600で撮影) 館内を見学 明治期最古の望遠鏡 日本最大の屈折望遠鏡 展示物がいっぱい 下におりてみよう 観測しやすいように床が上下したんだって 道を戻って右折 6.太陽塔望遠鏡(アインシュタイン塔) 7.展示室 100年以上前の望遠鏡が展示されている 8.子午儀資料館(レプソルド子午儀室) 9.ゴーチェ子午環室 10.ゴーチェ子午環室の先は広場 ベンチでひと休み 何の小屋だろう? 拡大 11.天文機器資料館(自動光電子午環) 内部は機材でいっぱい 大きな望遠鏡だ 大黒様がいる? 12.三鷹市星と森と絵本の家 旧・書斎 引き出しの中に色々入ってる! 国立天文台の旧官舎を利用した展示室へ 入る時は、この木に札をかけるよ 旧・客間 絵本展示室 小さい望遠鏡をのぞくと……? 月の満ち欠けの写真パネル 秘密の扉の先には…… 地球の歴史を距離で示した展示 やっと人類が生まれたよ かわいいジオラマ(COOLPIX P600で撮影) 拡大 上を見ると気球を発見! 読書室 古い電話 オルガン 13.庭に出てみよう 理科室 ちっちゃいびわの実 (COOLPIX P600で撮影) 拡大 本物の望遠鏡だ 白いタンポポ発見 たけのこを観察しているよ (COOLPIX P600で撮影) 拡大 むかしの遊び道具 手作りの池だよ ハンモック気持ちいい! 椅子とテーブルもあるよ 手作りコーナーがあるよ ここでおやつにしよう














国立天文台北門の近くには、古い官舎を活用した「三鷹市星と森と絵本の家」があります。この施設は三鷹市が国立天文台の協力のもとに運営しており、三鷹キャンパス内で最も古い建物である大正4年築の旧1号官舎が再活用されています。
建物内は居間や食堂、客間などが当時の様子をそのままに、絵本展示室や読書室となっており、古い建築物のぬくもりを感じながらゆったりと過ごすことができます。「三鷹市星と森と絵本の家」では、絵本だけでなく、子どもたちの知的好奇心を刺激するさまざまな展示や仕掛け、遊びがあります。床の敷物や壁の穴、廊下の突き当たりの扉など、細かなところも見逃さないよう探検してみてください。
広々とした庭では、季節の変化を五感で楽しめます。庭の隅には子どもたちと家族が穴を掘って作った池があり、オタマジャクシなど生き物の棲みかになっています。竹馬などのむかし遊びが体験できたり、簡単な木の工作が楽しめるスペースもあるので、子どもに戻って思いっきり遊んでみましょう。















パティスリーウルソン 武蔵境店

2 公園にもっていったお菓子のお店

パティスリーウルソン 武蔵境店
東京都武蔵野市境2-23-8
JR中央線「武蔵境駅」より徒歩約7分
TEL:0422-51-0030
営業時間:10:00~20:00
定休日:火曜日

フランス語で「こぐま」という名前のパティスリー。ショーケースに並ぶ40種類ほどのケーキは約半数が季節ごとに入れ替わります。素材にもこだわり、フルーツはシェフが現地でセレクトしたものを使用。シェフの出身地である沖縄の黒糖や紅芋、天然塩を使ったスイーツも人気です。