Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

江戸東京たてもの園

江戸東京たてもの園


周辺マップ

小金井市は、東京都のほぼ中央、武蔵野台地の南西部にあります。市の中央部を東西に横切るJR中央線、東南部を南北に通る西武多摩川線、また主要道路として中央部には南北に小金井街道、北部には東西に五日市街道が通るなど、交通の便が良い街です。
小金井という地名は、「黄金に値する豊富な水が出る」ことから、黄金井(こがねい)が小金井に転じたといわれています。確かに、かつての玉川上水をはじめ、「ハケ」と呼ばれる段丘崖からの湧水、野川など、豊かな水の郷としても知られています。
小金井は緑も豊かで、北部には小金井公園、南部には野川公園、武蔵野公園と、市内に大きな都立公園が3つもあります。陽射しが暖かくなるこれからの季節、公園の散策にも最適ですね。

拡大 拡大 拡大 拡大 拡大 拡大 拡大


公園案内

玉川上水沿いにある小金井公園の中に設けられた、野外博物館の江戸東京たてもの園。約7ヘクタールの敷地に、江戸時代から昭和初期までの建物30棟が移築・復元・展示されています。建物はどれも文化的・歴史的価値が高いもので、一部の建物の内部には当時の生活道具などの民俗資料を展示し、それぞれの時代の暮らしぶりや商店の様子などを再現しています。

江戸東京たてもの園基本情報

■場所:小金井市桜町3-7-1(都立小金井公園内)

■アクセス:西武新宿線「花小金井駅」近くの「南花小金井」バス停より西武バス武蔵小金井駅行き「小金井公園西口」下車後、徒歩約5分
JR中央線「武蔵小金井駅」北口より西武バス2/3番のりばより「小金井公園西口」下車後、徒歩約5分、関東バス4番のりばより「江戸東京たてもの園前」下車後、徒歩約3分

■開園時間:9:30~17:30(4月~9月)、9:30~16:30(10月~3月)

■休園日:月曜日(月曜日が祝日または振替休日の場合はその翌日)、年末年始

■入園料:一般400円 65歳以上の方200円 大学生(専修・各種含む)320円 高校生・中学生(都外)200円(小学生以下及び、都内在住・在学中学生は無料)

■TEL:042-388-3300

■駐車場:なし(小金井公園内に有料駐車場あり。駐車場問い合わせ先TEL:042-384-2093)

■設備:店蔵型休憩棟、うどん店、ミュージアムショップ&カフェ、図書コーナー、展示室、ベンチ、トイレ

1.ビジターセンターから園内へ 2.エントランス広場 カメラの準備 準備完了! 拡大 山手通りをいってみよう 明治から昭和初期にかけ空砲により正午を知らせた午砲 3.モダンな田園調布の家 おじゃましまーす ステキな応接間 食堂 4.建築家の前川國男邸 和洋折衷のしつらえ 骨董品を撮影 内部は武蔵野茶房というカフェ ランプが素敵 5.デ・ラランデ邸 6.旧自証院霊屋 かわいい五輪塔 7.高橋是清邸 廊下 拡大 お庭を撮影 二階から庭園を眺める 皇居正門石橋飾電燈 8.東の広場 万世橋交番 拡大 上野消防署望楼上部 宿泊もできたんだね 9.都電7500形 輪ころがしに挑戦! 竹馬だよ~ 車内 拡大 10.下町中通り 武居三省堂(文具店) 大和屋本店(乾物屋) 風格あるなあ 拡大 丸二商店(荒物屋) ごめんくださ~い 拡大 タイムスリップしたみたい 11.子宝湯 井戸があるよ 鍵屋(居酒屋) 脱衣場も年季が入ってる! いい湯だな~、なんてね♪ 12.土管がある空き地 大将、一杯! 拡大 写真をチェック ノスタルジー ここでおやつにしよう










ビジターセンター(旧光華殿)から園内に入ってすぐのセンターゾーンには、昭和11年に2.26事件が起こった「高橋是清邸」や、尾張藩主・徳川光友の正室千代姫が、母であるお振の方を供養するために建立した「旧自証院霊屋」などの歴史的建造物が建ち並んでいます。
西ゾーンでは、日本の近代建築の発展に貢献した建築家・前川國男の自邸や、江戸時代後期に建てられた格式ある名主の民家など、さまざまな建築様式の家を見ることができます。東ゾーンには下町の風情あふれる商店街が広がっています。醤油店や文具店が並ぶ通りのつきあたりにたたずむ銭湯の内部は、レトロな看板や富士山の壁画まで復元。アニメやドラマに登場する懐かしい世界に入ってしまったかのような感覚にひたれます。
















パティスリー ドゥネル

5 公園にもっていったお菓子のお店

パティスリー ドゥネル
東京都小平市鈴木町2-865-19
西武新宿線「花小金井駅」より徒歩約8分
TEL:042-401-2952
営業時間:10:00~20:00
定休日:無休

フランス、ドイツ、オーストリアなどで6年間修業を積んだシェフが、ケーキはもちろんショコラ、アイスクリーム、コンフィチュールまで「手作り」にこだわって、バリエーション豊かなラインナップを実現。ヨーロッパ各地の本場のレシピを再現したお菓子が食べられるのもうれしい。