Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

芹ヶ谷公園

芹ヶ谷公園


周辺マップ

拡大 拡大 拡大 拡大 拡大 拡大 拡大

東京都の南部に位置し、神奈川県に隣接する町田市。1960年代以降、都心のベッドタウンとして発展してきましたが、一方で農業用地や、多摩丘陵の豊かな緑が残っていたりと、自然環境に恵まれた土地柄でもあります。
市内には大学など私立の学校が点在しており、特に町田駅周辺は「西の渋谷」「西の秋葉原」とも言われるほど若者向けの店が多く賑やかです。昔ながらの商店街も健在で、新旧の文化が織り交ざった活気ある街並みが広がっています。




公園案内
芹ヶ谷公園基本情報

■場所:町田市原町田5-16

■アクセス:JR横浜線・小田急小田原線「町田駅」より徒歩約13分

■開園時間:6:00~18:00(6月~8月は19:00まで)

■休園日年中無休

■入園料:無料

■TEL:042-724-4399(町田市公園緑地課)

■駐車場:あり(有料)

■設備:虹と水の広場、多目的広場、冒険広場、池、芝生広場、花見広場、国際版画美術館、トイレ、ベンチ

JR横浜線・小田急小田原線町田駅から10分ほど歩いた、緑深い公園。多摩丘陵の自然を活かした木々と、涼やかなジャブジャブ池やせせらぎなど水辺が織りなす景観が美しく、水遊びにやってくる小さな子どもやゆったりと散歩を楽しむご年配の方などさまざまな人が集います。
公園の象徴ともいえる虹と水の広場の噴水池には、銀色に輝く巨大なシーソーのオブジェが。ゆっくりとシーソーのオブジェが傾くと、中にたまった大量の水が頭の上から降り注ぎ、噴水池で遊ぶ子どもたちから歓声があがります。
南北にのびた細長い公園の北側は、子どもの水遊びでにぎやかな南側と打って変わって静かな雰囲気。うっそうとした林や池、せせらぎなど四季折々の里山の表情を楽しみながら、ゆっくり散策したいエリアが広がります。


1.公園に入ると国際版画美術館があるよ かわいいでしょ 実はカメラケースなのです。 つめたい! この流れでも遊べるよ 準備完了 階段をのぼると 2.虹と水の広場 噴水大迫力! 拡大 ソフトビニール浮かべて撮影 ペディキュアキラキラ 拡大 拡大 ビーチボールで遊ぼう 3.階段をのぼってみる 謎の球体発見 4.こちらにも園入口 5.多目的広場 あっ飛行機雲だ! 拡大 洞窟のマーメード トキオコシという名のオブジェ 6.トンネルを抜けて お花に接近! 拡大 きれいな花壇 土俵がある~ 平均台に挑戦 7.冒険広場だって! 水でジャバジャバ洗えちゃうよ 8.大池 9.せせらぎ 大きな鯉だ 砂場で山をつくっちゃお もうひとつ池発見 かえるを置いて撮影 拡大 10.藤棚発見 写真チェック カキツバタ園 11.花木園 あ、小田急線だ 12.自然保護林 さて、お菓子を食べよっかな 電車が来た 拡大














芹ヶ谷公園の北端に通る小田急線の線路の下には、横浜市まで続く恩田川につながる芹ヶ谷川の源流となる湧水があり、公園中央部にある暗渠に至るまでの間で清らかなその流れを見ることができます。苔むした石と自然林の間を流れるせせらぎには、清流の証しであるアブラハヤやサワガニが生息しています。








パティスリー・パクタージュ
公園にもっていったお菓子のお店

パティスリー・パクタージュ
東京都町田市玉川学園2-18-22
小田急小田原線「玉川学園前駅」より徒歩約2分
TEL:042-810-1111
営業時間:10:00~19:00
定休日:火曜日

若いパティシエールのモットーは、「一つひとつのパーツの味をはっきり際立たせつつ、一緒に食べた時に深みのあるハーモニーを奏でるケーキを作る」こと。オリジナルの「プログレ・ルージュ」(360円)は、伝統菓子であるプログレとバラの花びらのようなプラリネアマンドを組み合わせることで、新しいおいしさを提案しています。