Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

Lecture 2 撮影編

Lecture 2 撮影編


#01:やわらかい自然光の下で撮るのがベスト!

カメラの設定編で、光の種類によって、写真の色味が変わるとお話しましたが、写真の表情も変わるんです。 直射日光の光、カーテン越しのやわらかい光、蛍光灯や白熱灯の下など、みなさんのご自宅にも色んな光源がありますね。

菓子フォトの撮影は明るい、やわらかい自然光が入る場所がベスト!

ご自宅ですと、白いカーテン越しの光が最適です。右の写真のようにやわらかな雰囲気に仕上げれます。

逆光を使ってドラマチックな写真に!

やわらかな雰囲気よりインパクトの強い写真が撮りたいとき、あえて強い光の下を選んで、効果的な演出をすることもできます。 下の2枚は、強い光が逆光になる位置にケーキを置きました。逆光を受けてドラマチック!明るい部分と暗い部分のコントラストが効いて、深みのある写真になりましたね。


自然光で撮るとナチュラルでやわらかな雰囲気に。

自然光で撮るとナチュラルでやわらかな雰囲気に。

MY「レフ板」で、光をあやつろう!

せっかくの記念撮影なのに、逆光で顔が暗く写ってしまった経験はありませんか?
逆光の写真では注意が必要です。
右下のケーキの写真は、画材屋さんで買った白い厚紙をケーキの手前に立てました。
【白い紙に光を反射させ、手前の暗い部分に光を足した】・・・つまり、白い厚紙をレフ板の代わりに使いました。表面の暗くなった部分をレフ板で明るくしましょう。
反対に、光が当たりすぎている場合には、【黒い紙をかざして、光を引く】こともできますよ。

白や黒の紙ならば、手軽に手に入りますよね。プロのテクニックをぜひ盗んでくださいね。

白や黒の紙ならば、手軽に手に入りますよね。プロのテクニックをぜひ盗んでくださいね。


逆光で撮ったケーキ。
逆光で撮ったケーキ。
レフ板を置いて、少し手前を明るくしてみました。
レフ板を置いて、少し手前を明るくしてみました。


#02カメラをかまえるその前に、スイーツの特徴をよ~く観察!

カメラの設定が済んだら、いよいよ撮影です。
でもカメラをかまえる前に、目の前のスイーツを観察してみましょう。
しっとり感がおいしそう、上のデコレーションが細やかで立体的だな、などなど……。
観察することで、どういう風に撮影したらいいのかな、とイメージがわいてくると思います。
このスイーツに合った雰囲気を演出したい、この角度から撮るのが一番立体的に見えるかな、などなど……。
そのように意識することが、写真の上達につながるんですよ。


普通の白いお皿だと味気ない?
普通の白いお皿だと味気ない?

塗りのお皿で和を演出。
塗りのお皿で和を演出
普通の白いお皿だと味気ない?

この角度ではケーキの特徴が伝わらない。
この角度ではケーキの特徴が伝わらない。

この角度ならケーキの形もよくわかるね。
この角度ならケーキの形もよくわかるね。

ケーキ全体を入れて撮影。
ケーキ全体を入れて撮影。

特徴的な部分に注目してみよう。
特徴的な部分に注目してみよう。
この角度ではケーキの特徴が伝わらない。 ケーキ全体を入れて撮影。

#03近づきすぎにご用心! ちょっと離れてズームを使おう。

菓子フォトを撮影する時には、お皿を含めたスイーツ全体を撮る、という方も多いのではないでしょうか。 もちろんそれも素敵ですが、

時には少しはみ出すくらい画面いっぱいに撮ったり、一部分をクローズアップして撮ると、写真の表現の幅が広がります。

よく撮れているけれどおとなしい感じ。
よく撮れているけれどおとなしい感じ。
※Nikon 1 J1 標準ズームレンズキット 広角側10mmで撮影

アップにすると迫力と雰囲気が出る。
アップにすると迫力と雰囲気が出る。
※Nikon 1 J1 標準ズームレンズキット 望遠側30mmで撮影
よく撮れているけれどおとなしい感じ。

その時に知っておくとよいのは、

「自分からスイーツにぐっと近づくのと、カメラの望遠ズームを使って撮影するのでは違う」ということ。

目の前にあるスイーツですから、ついつい自分から近づいてしまいがちですが、近づいて広角で撮影した方(左)は、四角いケーキの形が少し変わりますね。ちょっと離れて望遠のズームにすると(右)、自然な形で撮影できるんです。


近づいて広角でとると遠近感が強くなる。
近づいて広角でとると遠近感が強くなる。
※Nikon 1 J1 標準ズームレンズキット広角側10mmで撮影

少し離れて望遠で撮れば、ほら形が自然。
少し離れて望遠で撮れば、ほら形が自然。
※Nikon 1 J1 標準ズームレンズキット 望遠側30mmで撮影
近づいて広角でとると遠近感が強くなる。


 Lecture 1 カメラの設定編        Lecture 3 実践編