Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.
日向 真一郎 × D7100

お寺の風景を多彩に撮る

さわやかな青空が広がったある日の朝、真一郎はD7100を持って鎌倉にやってきました。古都・鎌倉には歴史的なお寺が数多くあります。春から夏に向かうこの時期、散策をするには気持ちの良い季節です。というわけで早速、真一郎もお寺を巡りながら撮影を楽しんでいる様子。すると次第に、晴れていたはずの空にどんよりとした雲が広がり、通り雨がやってきて……。様々な被写体に出会えた今回のお寺を巡る撮影旅、真一郎は無事、写真に収めることができたのでしょうか?

撮影監修:斎藤 勝則

Step1 お寺の撮影は水平、垂直

お寺での撮影でまず気をつけたいのが、撮影マナーです。参拝客の邪魔にならないよう十分な配慮が必要です。また、三脚やスピードライトの使用を禁止していたり、本堂内など撮影禁止の場所があったり、お寺の多くは撮影ルールが決められています。ルールをきちんと守りながら撮影を楽しんでください。
お寺に来てまず撮るものといえば、やはり山門や本堂などの建築物です。たとえば本堂の全体像を捉えようと思ったとき、標準~望遠レンズで全体が入らなければ広角レンズで撮影を行います。広角レンズを使って撮影すると、レンズの特性により被写体がゆがんで写ります。
このゆがみが作品に独特の表現を生み出すのですが、建築物を撮る場合、垂直、水平がゆがんでいると気になってしまう場合があります。撮影後、垂直のゆがみが気になった場合は、「アオリ効果」機能を使えば垂直に補正することが可能です。また建築物の撮影では、水平が取れているか確認しながら撮影することが基本となりますが、もし撮影後に写真が傾いてしまっているのに気づいても、「傾き補正」機能を使えば水平に補正することが可能です。自分のイメージに合わせていろいろと撮影、補正してみましょう。

アオリ効果

サムネイル画像を拡大する

補正前:灯篭やお寺の柱を見ると、全体に傾き、ゆがんで写っているのがわかる

サムネイル画像を拡大する

補正後:「アオリ効果」で傾きを補正し、灯篭も柱も垂直になった

設定方法

MENUボタン→画像編集メニュー→「アオリ効果」で編集したい画像を選択。マルチセレクターの上下左右ボタンで補正

傾き補正

サムネイル画像を拡大する

補正前:正面から楼門を捉えた1枚。全体に右上がりに傾いてしまった

サムネイル画像を拡大する

補正後:傾きを補正し水平に。なお、補正する傾きが大きいほど画像周辺が切り取られる

設定方法

MENUボタン→画像編集メニュー→「傾き補正」で編集したい画像を選択。マルチセレクターの左右ボタンで補正

水準器インジケーター

[Fnボタン機能]を[ファインダー内水準器]に設定した上でFnボタンを押すと、ファインダーの下部に水準器インジケーターを表示させることができます。カメラが傾いているほどインジケーターの表示が左右に伸び、正位置になると中心部のみの表示となります。ファインダー撮影をしながら水平が取れるので、三脚が使えない場所でも便利です。

カメラが左に傾いている状態。インジケーター表示は左に伸びている

カメラが傾いていない正位置の状態

「撮影の前に、まずはお参りしよう」。神仏を祀る神聖な場所であるという気持ちも忘れずに

Step2 天候に合わせたカメラ設定を

撮影開始時は、抜けるような青空が広がっていました。このような晴天や西日の射す夕方など、直射日光が強く当たる天候下では被写体に明暗差が生じやすくなります。そんなときには、「アクティブD-ライティング」を設定しておくと良いでしょう。「アクティブD-ライティング」とは、ハイライト部分の白とびや暗部の黒つぶれを軽減してくれる機能のこと。お寺の屋根をあおって撮るときや暗い本堂の中から外を撮るときなどにはとても効果的です。
さて、撮影を続けていると、いつの間にか空にはどんよりとした雲が。日差しが弱まると先ほどに比べ写真全体のコントラストが落ちるため、「アクティブD-ライティング」はオフに。そして「ピクチャーコントロール」の設定を「風景」や「ビビッド」に変更してみましょう。全体のトーンが上がりメリハリが出るのでおすすめです。
天候や日差しの状態に応じてカメラの設定をこまめに変更する。このひと手間を行うことで表現の幅が格段に増え、撮影をする楽しさもより増していきます。

サムネイル画像を拡大する

アクティブD-ライティング[しない]
晴天時、空を入れて撮影すると屋根の下が黒つぶれしてしまった

サムネイル画像を拡大する

アクティブD-ライティング[強め]
影の部分もきちんと描写。屋根の重なりの面白さが伝わる1枚に

サムネイル画像を拡大する

ピクチャーコントロール:スタンダード
曇天下で撮影。苔むした石段、灯篭、山門と全体が似たトーンの作品

サムネイル画像を拡大する

ピクチャーコントロール:ビビッド
緑が青々とし、シャドー部が締まり全体にメリハリがついた

撮影のコツ

三脚が使用できない場所では手ブレ度も増すため要注意。撮影した写真は拡大して必ずブレチェックを!

手ブレを起こしてしまうようならば、ISO感度を400~800程度まで上げよう。背面にある(ISO)ボタンを押しながら、コマンドダイヤルを回して変更する

Step3 多彩に切り取る構図アイデア

お寺の境内には様々な被写体が溢れています。趣ある山門や本堂だけでなく、境内に咲く色鮮やかな花々や青さを増した美しい新緑、お寺それぞれで趣向を凝らした庭園の風景など、いろいろなものに目を向けてみましょう。ここでは、撮影のヒントと構図のアイデアをご紹介します。

サムネイル画像を拡大する

境内に咲く牡丹を主役に。手前から奥へと番傘を並べて入れることでアクセントをつけ、奥行きを出している

サムネイル画像を拡大する

お寺の角からシンメトリーで撮影、お堂の造形的な面白さを強調。あえて広角であおって撮影し、迫力を出した

サムネイル画像を拡大する

お寺の風鐸(鐘形の鈴)にピントを合わせながら、背景に新緑をいっぱいに入れた。風鐸を左に置き、空間を持たせて新緑の美しい色合いを強調

サムネイル画像を拡大する

池や手水場など、お寺には水のある風景も多い。木に咲いた花を水面に鏡のように写して撮った不思議な雰囲気の1枚

サムネイル画像を拡大する

しっとりとした雨の日のお寺も風情があり絵になる。暗い本堂を背景に、スローシャッターで雨の線を入れるように撮影

サムネイル画像を拡大する

雨雲の隙間から一筋にさした光が、もみじを照らす。暗い背景を選んでもみじを強調した。濡れた瓦との相性が美しい

ワンポイントアドバイス

お寺巡りにおすすめのレンズ

今回使用したレンズ「AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR」は、広角から超望遠までをカバーする超高倍率ズームレンズです。歩きながらの撮影では、多くの機材を持っていくのは得策ではありません。その点18-300mmは、これ1本でお寺にある様々な被写体をカバーすることができる優れものです。そしてもう1本プラスするならば、おすすめはマイクロレンズ。「AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G」は、境内に咲く花や雨の滴などのクローズアップ撮影だけでなく、標準に近い画角で単焦点レンズならではの大きく美しいボケを活かした写真を撮ることも可能。表現の幅がぐんと広がる1本です。

サムネイル画像を拡大する

松葉についた雨の滴をクローズアップで

サムネイル画像を拡大する

背景の石像を美しくボカし、シャガの花を際立たせる