Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.
日向 瞬 × D5100

やわらかい雰囲気で彼女を撮る

今日は友達の香織ちゃんと公園へのんびりピクニック。実は瞬、たまに友達をモデルに撮影の練習をしているようで「香織ちゃん、今日も写真撮っていい?」とお願いをしたのですが、「うーん、可愛く撮ってくれるならいいけど…」とあまり乗り気ではない様子。どうやらこの間撮った写真があまり気に入らなかったようで……。香織ちゃんが喜んでくれるような写真、どうやって撮ればいいんだろう?

撮影監修:斎藤 勝則

Step1 逆光でやわらかさを出す

屋外撮影で女性に喜んでもらえるような写真が撮りたいなら、晴れた日に逆光(光源が人物の背面)で撮影をするのがおすすめ。顔を明るく撮ろうと順光(光源が人物の正面)で撮影をしがちですが、鼻や顎の下などに濃い影が出るためコントラストが高く強い印象のポートレートに。一方、逆光は影も薄くなり肌の質感が出てやわらかい雰囲気の写真になります。さらに人物の輪郭が光の中に浮き上がり人物を強調した印象にもなります。

サムネイル画像を拡大する

順光。人物は明るく写りますが力強い印象に。香織ちゃんもまぶしそう

サムネイル画像を拡大する

逆光。人物の輪郭が美しく出て肌色もやわらか、目の表情もはっきり

背景が明るすぎる所での逆光撮影はNG

サムネイル画像を拡大する

背景に露出を合わせると人物は暗い

サムネイル画像を拡大する

人物に露出を合わせると背景のニュアンスが消えてしまう

Step2 露出補正と内蔵フラッシュ

逆光撮影では背景の明るさにカメラが露出を合わせてしまうため人物が暗く写ってしまいます。そこで撮影モードを「A:絞り優先オート」に設定し、人物が明るく写るまで+側に補正して撮影を行いましょう。また、昼間の逆光時に内蔵フラッシュを使う「日中シンクロ」撮影もおすすめ。露出補正は人物だけでなく背景も明るく補正されてしまうため、場所によっては人物に合わせて補正すると背景が明るく飛んでしまうことがありますが、日中シンクロならば背景も見た目通りの自然な明るさで写ります。

サムネイル画像を拡大する

露出補正+0.7で撮影。人物、背景全体が明るくなった

サムネイル画像を拡大する

「通常発光」で撮影。肌色が美しくパっと華やかな印象に

フラッシュは瞳にキャッチライトが入るためより活き活きした表情に

ポートレートは目にピントを合わせるのが基本。撮影したら拡大して確認を

Step3 構図やボケ効果で印象的な一枚に

お互いに撮影に慣れてきたら、身体の向きや手の位置、目線など彼女に声を掛けながらいろいろと変化をつけてもらうと写真に動きが出ます。また慣れないうちは人物をただ真ん中に置く単調な構図になりがちです。中心から外したり、アングルを変えたりと構図にも変化をつけるよう意識してみましょう。
やわらかな雰囲気を出すために、絞りはなるべく開いて(F値を小さくして)撮影をします。背景をぼかすことで人物をより強調させることができ、印象的な写真に仕上がります。多少背景がうるさい場所だったとしても、背景をぼかすことで人物が際立って見えるはずです。

サムネイル画像を拡大する

F16で撮影。単調な構図にならないよう人物を右側に寄せ、顔の前に空間を作りました

サムネイル画像を拡大する

F4.5で撮影。左の写真に比べ、背景がぼけているため人物が強調されているのがわかります

人物を中心に置いた「日の丸構図」は周囲に不自然な空間ができ間延びした写真になりがち

ワンポイントアドバイス

ピクチャーコントロール

ポートレート撮影の際は、ピクチャーコントロールの「PT:ポートレート」モードに設定しておくと良いでしょう。ピクチャーコントロールとは、コントラスト、彩度、明るさ、色合いなどをモードに合わせてカメラ独自で画像調整を行う機能です。ポートレートモードは人物の肌の描写をきれいになめらかに、自然な色合いに調整します。また髪の毛の影の部分を比べるとわかるように、シャドー部分がつぶれないよう、濃くなり過ぎないように調整しているので肌をよりやわらかな印象に仕上げてくれます。

※ピクチャーコントロールはP、S、A、Mモードのときに選択できます。

ピクチャーコントロール「ST:スタンダード」

ピクチャーコントロール「PT:ポートレート」