At the heart of the image.

TopEye 全国高校生写真サミット2016

TopEye 全国高校生写真サミット2016

開催4回目。全国高校生写真部の指標となりつつある、「TopEye 全国高校背写真サミット2016」

ニコンは、1979年に全国の中学校、高等学校写真部に向けて応援マガジン「TopEye」を創刊し、以降フォトコンテストの開催や各地の写真部の紹介、プロ写真家によるアドバイスを通じてクラブ活動の支援をしてまいりました。
2013年、これまで誌面を通じて行なってきた活動に加え、直接写真部の生徒をサポートするイベントとして「TopEye 全国高校生写真サミット」を実施し、今回で4回目の開催となりました。
「TopEye 全国高校生写真サミット」は、全国から選ばれた高等学校写真部生徒が横浜にて撮影を行い、グランプリを目指すフォトコンテストです。参加する15校の高等学校写真部生徒45名は、テーマに沿って横浜市を代表するスポットを高校生の目線で自由に撮影し、撮影作品を制限時間内にプレゼンテーションし、審査員による講評を経て、グランプリ、他各賞を真剣に目指します。
撮影会のみならずプロ写真家による撮影指導、写真表現に関わる講演、写真部同士の交流など、全国の高等学校写真部生徒が春の目標とする憧れのイベントです。

参加高校(全15校)

  • 宮城県白石工業高等学校
  • 宮城県白石高等学校
  • 新潟県立六日町高等学校
  • 群馬県立藤岡北高等学校
  • 埼玉栄高等学校(埼玉県)
  • 静岡県立伊東高等学校
  • 愛知県立津島東高等学校
  • 和歌山県立神島高等学校
  • 兵庫県立太子高等学校
  • 香川県立坂出高等学校
  • 島根県立松江南高等学校
  • 島根県立大田高等学校
  • 山口県立下松高等学校
  • 八代白百合学園高等学校(熊本県)
  • 沖縄県立浦添工業高等学校

主催:株式会社ニコンイメージングジャパン
後援:横浜市文化観光局、高等学校文化連盟全国写真専門部
協力:エプソン販売株式会社、株式会社ケンコー・トキナー、写真文化首都、北海道「写真の町」東川町、全日本写真連盟、日本報道写真連盟、フォトシティさがみはら、読売写真大賞事務局

「TopEye 全国高校生写真サミット2016」に寄せて

横浜市長 林 文子
横浜市長 林 文子

「フォト・ヨコハマ2016」開催中の横浜へ、ようこそお越しくださいました。
横浜は、みなとみらいの近代的な街並みと、開港当時を偲ばせる街並みを併せ持ち、数多くの魅力的なフォトスポットに富む「フォトジェニックな街」です。ファインダーを通じ魅力あふれる横浜を、皆さん 存分にお楽しみください。

撮る・みる・楽しむ。写真の祭典 PHOTO YOKOHAMA
小林 紀晴 氏
写真家 小林 紀晴 氏

写真はひとりだけでは撮れません。必ず何かの助けを必要とします。なぜなら、被写体あってからの写真だからです。自分以外の人、もの、ことなどとコミュニケーションをとらなければ成立しないのです。それが写真の面白いところでもあり、難しいところではないでしょうか。今回の横浜ではチームで作品をつくります。より絆や結びつきが大切となります。個性を生かしつつ、共に考えてください。さらに全国から集った同世代の者たちと触れ合い、刺激しあって美しい時間を過ごしてください。

一般公開プログラム

2月6日(土)

16:00~

作品プレゼンテーション
参加15校によるプレゼンテーションと審査員との質疑応答

2月7日(日)

9:00~

基調講演/安珠氏
安珠氏による講演会

10:00~

パネルディスカッション
審査員によるパネルディスカッション

11:00~

表彰式
TopEye 全国高校生写真サミット2016表彰式

会場

帆船日本丸記念財団訓練センター
所在地 〒220-0012 横浜市西区みなとみらい2-1-1

審査(ディスカッション参加)メンバー

小林 紀晴 氏
小林 紀晴 氏

1968年長野県生まれ。東京工芸大学短期大学部写真科卒業。新聞社勤務後、アジアを旅する。2000-2002年渡米。『DAYS ASIA』で日本写真協会新人賞受賞。『遠くから来た舟』で第22回林忠彦賞受賞。写真集、著書に『ASIAN JAPANESE』、『homeland』、『days new york』、『はなはねに』、『昨日みたバスに乗って』、『写真と生活』、『メモワール』、『kemonomichi』、『美女の一瞬』など多数。東京工芸大学芸術学部写真学科教授。ニッコールクラブ顧問。

佐藤 倫子 氏
佐藤 倫子 氏

東京都出身。東京工芸大学短期大学部写真技術科卒業。株式会社資生堂宣伝部入社。退社後フリーランスに。写真家として都内中心に個展、グループ展を開催し、講座、セミナー、TVなどへも活動。主に化粧品などの広告写真を撮り続けてきたことが基本となり、作品にも"美"のある写真をつくり続けている。また内面からの美しさも追求しており、太極拳のインストラクターの資格も取得。(社)日本広告写真家協会(APA)正会員。IPA2014 USA 3部門、受賞。IPA2014 MOSCOW 1部門、受賞。

藤村 大介 氏
藤村 大介 氏

1970年生まれ。香川県出身。アシスタント経て独立後、世界各地を取材。「旅」をテーマに世界を撮り、世界の風景、街並み、夜景、世界遺産等を撮影。2002年、世界の夜景だけでの個展を富士フォトサロン(銀座)にて開催。現在の夜景ブームの先駆けとなる。旅や夜景の撮影を得意とする。(社)日本写真家協会(JPS)正会員、日本旅行写真家協会(JTPA)正会員。

若子 jet 氏
若子 jet 氏

岐阜県岐阜市生まれ。名古屋造形大学卒業。撮影スタジオ勤務後、出版社写真部を経て、写真家松本明彦氏に師事後、独立。被写体は人物を中心に、雑誌、広告等の撮影をする一方、展覧会でも発表多数。トークショーやコンテスト審査員としても幅広く活動。優しく可愛く綺麗な世界観を得意とする。デジタルハリウッド大学、日本写真学院講師。コニカミノルタフォトプレミオ2007年度受賞。

http://wakakojet.com/

安珠 氏
安珠 氏

東京生まれ。国際的に活躍するパリコレモデルから写真家に転身。広告や雑誌連載の他に文筆、講演やTV出演など、写真だけでなく高校生文化大賞など他分野の審査員としても活躍。近著は、東北中心に14歳から19歳の夢を取材した『Dream Linking☆つなぐ夢、千年忘れない』(朝日新聞出版)。

http://www.anjujp.com/