At the heart of the image.

TopEye 全国高校生写真サミット2015

TopEye 全国高校生写真サミット2015

TopEye 全国高校生写真サミット2015 開催概要

ニコンは、1979年に全国の中学校、高等学校写真部に向けて応援マガジン「TopEye」を創刊し、以降フォトコンテストの開催や各地の写真部の紹介、プロ写真家によるアドバイスを通じてクラブ活動の支援をしてまいりました。2013年、これまで誌面を通じて行なってきた活動に加え、直接写真部の生徒をサポートするイベントとして「TopEye 全国高校生写真サミット」を実施し、このたび第3回を開催させていただきます。
「TopEye 全国高校生写真サミット」は、全国から選ばれた15校の写真部生徒45名が横浜に集結、テーマに沿った撮影の中で、自らの撮影技術、作品性を競います。イベント当日に発表されるテーマに沿って横浜市を代表するスポットである山の手、中華街、山下公園、馬車道、マリンタワーなどを高校生の目線で自由に撮影してもらいます。生徒たちは撮影した作品について制限時間の中でプレゼンテーションを行ない、審査員による講評を経て、グランプリ作品並びに名誉が決定します。撮影会のみならずプロ写真家による撮影指導、写真表現に対する講演、写真部同士の交流を通じ、このイベントが今後の部活動に役立つことを期待しています。

参加高校

「TopEye 全国高校生写真サミット2015」に寄せて

横浜市長 林 文子
横浜市長 林 文子

「フォト・ヨコハマ2015」開催中の横浜へ、ようこそお越しくださいました。
横浜は、みなとみらいの近代的な街並みと、開港当時を偲ばせる街並みを併せ持ち、数多くの魅力的なフォトスポットに富んでいます。そのような横浜を舞台に、皆さんの瑞々しい感性で表現された写真は、ファインダーを通じて出会った皆さんならではの横浜であると思います。「フォトジェニックな街・横浜」を皆さんで存分にお楽しみください。

小林 紀晴 氏
写真家 小林 紀晴 氏

写真のよいところは一人で完結できるところではないでしょうか。被写体の力を借りることはもちろんありますが、だからこそ個性や独自の視線というものが必要です。ただ、全国高校生写真サミットは一味違います。チームで作品を作ります。そのために必要なことはなんでしょうか。個性を生かしつつ、共に考えることではないでしょうか。さらに全国から集った同世代の者たちと触れ合う場でもあります。是非、心から写真を楽しんでください。

一般公開プログラム

2月7日(土)発表会・総評

15:00〜18:00

参加15校による作品発表&講評

2月8日(日)講演・表彰

10:00~11:00

ハービー・山口氏による講演

11:00~12:00

小林紀晴氏、斎藤勝則氏、大橋愛氏、佐藤倫子氏、ハービー・山口氏によるパネルディスカッション

12:00~13:00

結果発表・表彰式

会場

帆船日本丸記念財団訓練センター
所在地 〒220-0012 横浜市西区みなとみらい2-1-1

講師プロフィール

小林 紀晴 氏
小林 紀晴 氏

1968年長野県生まれ。東京工芸大学短期大学部写真科卒業。新聞社勤務後、アジアを旅する。2000-2002年渡米。『DAYS ASIA』で日本写真協会新人賞受賞。『遠くから来た舟』で第22回林忠彦賞受賞。写真集、著書に『ASIAN JAPANESE』、『homeland』、『days new york』、『はなはねに』、『昨日みたバスに乗って』、『写真と生活』、『メモワール』、『kemonomichi』、『美女の一瞬』など多数。東京工芸大学芸術学部写真学科教授。

斎藤 勝則 氏
斎藤 勝則 氏

神奈川県生まれ、東海大学工学部生産機械工学科卒業。大手重機械メーカーのチーフ設計エンジニアを経て、写真家・内田隆章氏に師事してカメラマンに転身。1996年フォト・デザイン会社ケー・エス・ワン設立。撮影分野は、風景、スナップ、静物、ポートレート、スポーツ、水中などジャンルなしのオールラウンド、最近では動画撮影にも進出。現在、ニコンカレッジ講師担当、(社)日本写真家協会(JPS)会員。

大橋 愛 氏
大橋 愛 氏

神奈川県生まれ 東京綜合写真専門学校研究科卒業
「longe daqui」写真集 個展(art&river bank)
「世界の果てにつれてって」個展(art&river bank)
「UNCHAINED」写真集 個展(FOIL GALLERY)
「piece」写真集 個展(FOIL GALLERY)

佐藤 倫子 氏
佐藤 倫子 氏

東京都出身。東京工芸大学短期大学部 写真技術科卒業。株式会社資生堂 宣伝部入社。退社後フリーランスに。写真家として都内中心に個展・グループ展を開催し、講座、セミナー、TVなどへも活動。主に化粧品などの広告写真を撮り続けてきたことが基本となり、作品にも「美」のある写真をつくり続けている。また内面からの美しさも追求しており、太極拳のインストラクターの資格も取得。公益社団法人 日本広告写真家協会(APA)正会員。
IPA2014 USA 3部門、受賞。
IPA2014 MOSCOW 1部門、受賞。

http://www.rin-photo.com/

ハービー・山口 氏
ハービー・山口 氏

1950年 東京都出身。東京経済大学卒業後イギリスに滞在し役者を経て写真家となる。「生きる希望」をテーマとした人物写真は国内外で高い評価を得る他、エッセイ執筆、ラジオDJ、ギタリスト布袋寅泰には作詞家として参加。高校写真部員を題材とした映画「東京シャッターガール」には写真部顧問役で出演している。2011年度日本写真協会作家賞受賞。大阪芸術大学、九州産業大学客員教授。