新着情報

ニコンサロン リニューアル及び
若手写真家支援制度「Be a Photographer」のお知らせ


2017年8月、ニコンサロンは運営をリニューアルいたします。
これまで写真作品発表の場として、銀座ニコンサロンと新宿ニコンサロンを使用していただきましたが、リニューアル後「銀座ニコンサロン」は公募作品のみを展示する写真展会場となり、開催された写真展は全て「大阪ニコンサロン」で巡回展を開催いたします。「新宿ニコンサロン」「ニコンサロンbis新宿」「ニコンサロンbis大阪」は、「THE GALLERY」としてリニューアルし、企画展、ニッコールクラブ会員展、団体展などの新たな写真展会場として運営を開始いたします。
またこれまで若手写真家の活動を支援してまいりましたニコンサロンJuna21は2016年12月末で募集を終了し、それに代わる若手写真家支援制度「Be a Photographer」を開始いたします。「Be a Photographer」による支援は35歳以下の若手写真家の方が対象ですが、写真展の応募はニコンサロンに集約いたします。今後は35歳以下の方もニコンサロンへ応募してください。

若手写真家支援制度「Be a Photographer」
2017年7月、ニコン創立100周年を迎えるにあたり、ニコンサロンは新たな若手写真家支援制度「Be a Photographer」を開始いたします。
制度の概要は次の通りです。

【写真展開催の支援】
・写真展の応募は年齢による区分けを止めて、2017年2月末締切よりニコンサロンに集約いたします。
・写真展会場は銀座ニコンサロンとなります。会期は1週間です。
・作品応募時点で35歳以下の方で写真展を開催される方に、プリント制作補助費5万円を提供いたします。

【フォトレビューの開催】
・ニコンサロンで写真展開催を目指す若手写真家の方を対象に「フォトレビュー」を開催いたします。
・公開形式による写真作品の講評会です。参加費は無料です。
・講評はニコンサロン選考委員各氏及びゲストのレビュアー(写真家、キュレーターなど)が行います。

【三木淳賞の授与】
ニコンサロンにおいて1年間に開催された全作品展の中から、作品応募時点で35歳以下の作家による作品で最も優れた作品に「三木淳賞」を授与いたします。
新制度による賞の贈呈は第20回(2018年度)を最初とし、ニコンサロンで開催された写真展を対象に、年間(毎年8月から翌年7月に至る1年間)において最も優れた若手写真家の作品を選び、表彰いたします。
受賞者(1名)には、正賞(山田朝彦作「無限」)、副賞(デジタル一眼レフカメラ)に加え、特典として受賞展開催後2年以内に「THE GALLERY」で作品を発表する機会が与えられます。その制作支援金として総額300万円を授与いたします。
写真

ニコンサロン選考委員 交代のお知らせ


ニコンサロンで開催する写真展の選考を担当する「ニコンサロン選考委員」は、2017年3月から次の5名の方になります。

北島敬三氏
長島有里枝氏
飯沢耕太郎氏(新任)
今森光彦氏(新任)
佐藤時啓氏(新任)

お問い合わせ先

株式会社ニコンイメージングジャパン
フォトカルチャー推進部 ギャラリー企画課
〒108-6290 東京都港区港南2-15-3 品川インターシティC棟
Tel: (03)6718-3028
Fax: (03)6718-3038