伊奈信男賞

伊奈信男賞トロフィー

伊奈信男賞について

常設展示場ニコンサロンは、写真文化の向上に寄与することを目的として、1968年に開設されて以来、第一級の写真ギャラリーとして順調な歩みを続けてまいりました。
ニコンサロン選考委員会では、1976年度から「伊奈信男賞」を制定し、ニコンサロンにおいて開催された写真展のなかから、年間(毎年10月から翌年9月に至る1年間)を通じて優秀作品を選定し、同賞を贈呈しています。

表彰

賞状
正賞:佐藤忠良作「大きな帽子」
賞金:100万円
副賞:デジタル一眼レフカメラ ニコンD4(AF-S NIKKOR 50mm F1.4G付)

これまでの受賞者

伊奈信男

伊奈信男略歴

1898年:愛媛県松山市に生まれる。
1922年:東京大学文学部美学美術史科卒業。
1932年:「光画」誌創刊号に「写真に帰れ」を発表。
それは、日本近代写真批評の幕開けを告げるものであった。
以降、「光画」、「日本工房」、「中央工房」、「国際報道写真協会」等において批評活動を続け、戦前戦後を通じて数多くの評論を残す。 昭和53(1978)年没。