Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

ニッコールクラブ会員展
和田 喜博 写真展
西山を見る日

会期

2017年12月 7日(木) 〜 2017年12月13日(水) 日曜休館

10:30〜18:30(最終日は15:00まで)

開催内容

生まれ育った地は標高650mの山里。時折帰省するだけの場所だったが、ここ数年は週一ぐらいの割合で、実家への往復を続けている。無人となって冬は雪に埋もれ、夏場は草に覆われてしまうので、維持管理に通わざるを得ないのだ。しかしそこで過ごす時間が増えたことで、見えてきたものがある。季節の移ろいとともに目まぐるしく変化する自然の豊かさと荒々しさと、何よりもその美しさ。時には無慈悲に人の営みを打ち砕く一方で、豊饒の恵みをもたらしてくれる自然界の不思議さ。そしてそこに棲む様々な生き物の姿態。故郷に戻れない人も多い中で、故郷の掛け替えのなさを思う日々だ。    
限界集落という言葉が危機感を持って使われるようになり、ここも無論それが当てはまる地域。この地に住んでいるのでもなく、完全によそ者でもない、そんな中途半端な立ち居地ながら、行く度に県境となる西山を眺め、その刻々と変化する山容を見ながらの、山里の姿の記録である。(和田喜博)

プロフィール

和田 喜博(ワダ ヨシヒロ)

1947年 岐阜県生まれ
1988年 岐阜県瑞浪市 アルファ・ギャラリーにて月例入賞作品展開催
1989年 故林忠彦氏と夫婦で対談する。「写真する旅人」に記事掲載。
1990年 岐阜県関市 ギャラリー・ムースにて マサ子との2人展「風写録」開催
1992年 東京銀座 コンタックスサロンにて 2人展「獺祭・風写録」開催
1993年 名古屋 富士フォトサロンにて、同展開催。
2003年 岐阜県関市 ギャラリー・ムースにて 2人展「時の居場所」開催
2013年 写真雑誌「フォトコン」11月号の「一生懸命フォトグラファー列伝」に
     記事掲載
2013年10月 東京  新宿ニコンサロンbisにて2人展「コノ世ノハナ」開催
2014年 2月 岐阜市 じゅうろくてつめいギャラリーにて、同展開催
2014年 5月 大阪市 大阪ニコンサロンbisにて、同展アンコール展開催